破産宣告を得た際どういった損・デメリットがありうるかは、自己破産申請を考慮してみた人達にとって確実に最初に知っておきたい情報だと考えられます。下に破産認定者の受ける損に関連する事項を箇条形式にしたいと思います。・公共の破産者の一覧に掲載されます。※公共の身分証明書を交付するための文書ですので一般の人は閲覧することができないはずですし免責の承認がもらえれば取り消しになります。・官報に公開される。※通常の新聞とは違って書店には販売されていませんし、普通の方達には関連のないことであると考えます。・公法上のライセンスの制限。※破産認定者になったなら法律家、代書人、税理士などの資格を持つ人は失格になり事業ができなくなります。・私法上におけるライセンスの制限。※自己破産者は後見、遺言執行役を請け負うことが不許可になります。その他、合名会社、合資で立ち上げた会社のメンバーなどと有限形式の会社の取締クラス、監査担当役は退任要素とされます。・ローンやクレジットカードを活用することができません。なお、破産管財人ケースには下記のような限定が追加されます。・財産を独断で保持、廃棄することが許されなくなります。・債権保持者会合の要求によって適切な対応をしなければいけません。・裁判所の認定がなければ住居の引越しや大型の旅をすることができません。・裁判官が緊急であると認定した場合には破産者は保護されるときが存在します。・配達物は破産管財人に送られ、破産管財役は転送された配達物を開けてもよいことになっています。今まで述べた以外の自己破産者の不利益について、よく誤解を受けている項目をまとめにしました。1戸籍文書また住民票上には記述されません。2雇用主は破産してしまったことを原因としてリストラすることはできません。※通常、自分から告白しないかぎり他人に知られることはないです。3被選挙権などの公民の権利は剥奪されません。4連帯保証役でなければ近親者に代わりに払う責任などは存在しません。5必要最小限の毎日の生活に欠くことのできない家財道具(コンピューターデジタルテレビなどを含む)服などは差し押さえないです。破産した人の不利益に関して列挙してみました。破産をすれば返済義務は帳消しになるといっても以上のような困難が付随します。破産申請を考える上でアドバンテージも不利益ちゃんと検討した方がよいです。