破産の手続きまでは訴訟行為という類の法的な行為は認められます。とりわけ破産に関する手続きに入ったのち請求までに無駄な手数が費やされてしまった際には訴えられる危険性が高くなります。債権保有者側からすると残金の返納もしないで、さらに自己破産などの対処もなされないといった状態だと会社内で対応を遂行することができなくなります。結局、訴訟が終わりどういう裁決がもたらされようとも自己破産の本人に借金を返済する能力はないです。債権者もそれに関しては理解の上、訴訟行為のような強引なやり方で上手に和解にし当人の両親や親類に返済してもらうというようなことを狙っている場面も見受けられます。平成17年の1月1日に改正の新破産法のもと破産の申し立て後は差し押さえなど法の手続きは実効性を失うことになりました。昔の破産法の際と違って訴訟などということをしても無効になる見込みが高いから、現実的に訴訟行為をやってくる取立人は完全に存在しなくなると思われます。そういったような意味でも平成17年の1月1日に改正となり従来と比較して利用しやすくなったと思います。支払督促による場合においては督促というのは裁判所が負債人にあてて債権の返却を行いなさいという要求です。一般の裁判をするプロセスとは別で取り立て屋の都合の良い主張だけを聞きつつ進められるためオーソドックスな提訴のように日にちと費用がかからないので取立人がよくとる法的手段です。督促の請求がなされると裁判所から通知が配達される手はずになって届いてから2週間が経過した場合、取り立て業者は債務人の資産(給与債権なども対象とする)に差押え要請が可能になるのです。異議をなすことができれば、オーソドックスな争いに移ることになるのが普通です。(補足)普通な法廷闘争は長期にわたりがちですから、免責が出るまでには裁定がくだらない確率が高くなることに注意しましょう。