破産申請までは訴訟行為といった法的な要請は認められます。自己破産の手順に入ったあと申し込みまでに長い時間がかかってしまった際には裁判を起こされる可能性が増加します。債権保持者側にとっては払込もされずに重ねて自己破産といった法律上の対処もしないといった状態であると組織内部で対処をすることができないからです。要するに審判の後どういう裁決がされるにせよ自己破産の本人に負債を返済する力はないといえます。取り立て会社も把握していて、訴えなどといった示威行為で、上手に和解決着にし返金させるとか債務者の親類に肩代わりさせるということを狙っているケースもあったりします。(補足)平成17年の1月1日に改正がなされた新しい破産の法のもとでは自己破産手続き後は差し押さえというような法律上の手続きの場合、実効性がなくなることとなります。そうなると、古い破産法とは違って訴訟などといったことをやろうとも効果がないと考えられるということになって、実際、裁判をしたがる債権者はほとんど消滅すると思います。そういうふうな意味でも、2005年の1月1日に改正となり破産申請は従来以上に利用しやすくなったといえるでしょう。督促状のケースでは督促とは、法律が債務者に対して返済をしなさいという通知です。普通な提訴をするケースと違って債権人の一方的な主張だけを聞きながら行うためオーソドックスな提訴のように日数と裁判料がかからないので取り立て企業がよく用いる司法手段です。支払督促の請求があったら裁判所によった書類が送付される運びとなって、通知が配達されてから14日間が経過した時、債権人は借金者の財(給与も含んで)に差押え行為が可能になるのです。支払督促に抗して異議の申し立てを送ることができるなら、普通の法廷闘争に移ることになるのが普通です。※普通の審議は長丁場になりますので、免責がもらえるまでには判決がなされない確率が高くなります。