新聞の折込広告、スポーツ紙、電話ボックスに配布された宣伝や郵便広告などで、「多重負債の整理任せてください」「多重債務をまとめたいと思ったら」といった売り文句を見ることがしばしばです。「整理屋」「買取業」「紹介者」という名の業者の詐欺広告のケースがあります。それらを依頼した場合は自己破産申請の中で最も大切な免責決定をもらえない可能性もあります。「整頓業者」の場合はDMなどで借金を抱える人は引き寄せ、すさまじい手数料を受けて整理をするのですが実際のところ負債整理は行われず、債務者はより一層の債務スパイラルに陥る失敗がほぼ全部と考えてください。「買取専門屋」というのは当人のクレジットで、デジタル用品、何らかの券を山ほど買わせて買った物品を定価の20%や半値で受け取るという手段のようです。借金者は一時はお金がもらえますがいつかカード業者から品物の定額の督促がくることになり、借金額を増大させる結末で終わります。この場合だとクレジットカード企業へ犯罪ということになって免責承認を手に入れられません。「紹介業者」とは、有名なサラ金から断られる負債人に対して、業者としては資金提供は全くせずに、融資をする違う会社を知らせて、法外な手数料を取っている企業です。専門的な努力でお金を貸し出しが受けられたという口調でしゃべりますが現実には特に何もせずシンプルに調査の緩やかな会社を把握しているというだけなのです。このときも借金額を拡大させるだけです。