自己破産を請求するまでの時間は負債者当事者に直接の電話使用の借金取り立てと、債務のある個人の家への訪問による徴収は法律無視にはならないということになります。自己破産申請の手順に入ったあと無駄な手数が費やされたときには債権保持人は無理矢理な収集を実行する確率が増加します。債権保持者サイドにとっては負債の清算もされないでそれでいて破産などの司法上の手続きもしないという状態であると組織の中での完了処理をすることが不可能だからです。債権者の一部は専門の人間につながっていないと気づいたなら、かなり強行な返済要求行動をしてくる債権者も出てきています。司法書士の人か弁護士に依頼したケースでは、個々の債権保持人は本人に対し直接集金を続行することが認められません。SOSを把握した司法書士それか弁護士の担当者は担当する旨の通知を各取り立て企業に配達し、それぞれの債権者が受け取った時点から依頼人は取り立て屋による危険な返済請求から放たれるわけです。付け加えると、債権者が職場や親の自宅へ訪問する収金はルールで許されていません。貸金業であって登録を済ませている会社であれば職場や本籍地へ行く返済請求は貸金業法に違反しているのを気づいているので、違法であると伝えればそのような返済請求をし続けることはないと考えられます。破産の申請後は、申請人に向かった取り立てを含んで、集金行為は不許可になります。それゆえ、徴集はまったく消えてなくなることになります。といっても、まれにそのことを分かっているのに接触してくる業者も存在していないとは断言できません。貸金業で登録済みの会社ならば、自己破産に関する申請後の収金が借金に関する法律のガイドに抵触しているのを認知しているので、法に反していると言えば、そういう取り立てを続けることはないと考えます。といっても、法外金融と呼ばれる未登録の取り立て屋に関しては予測外で、強行な収金などによる被害が増え続けているという現実があります。ブラック金融が取り立て企業の中に存在する場合はどんなときであれ弁護士の人または司法書士グループなどのエキスパートに相談するようにするのがいいといえます。